Google Chromebook情報ポータル「chromebooker」

Chromebookの特徴

Chromebookの大きな特徴は、すべての作業をブラウザで行う特殊な仕組みを持った「Chrome OS」を搭載している点。

処理をクラウド上のスーパーコンピュータが行うことで、ノートPC側には負荷を与えず、低いスペックのPCでも快適に負荷のかかる作業が出来るため、高価なハードウェアを必要とせず、低価格で販売出来るようになっています。

Google製「Chrome OS」を搭載

Chrome OS

Chromebookには、Googleが「Googleのサービスを使うのに最適なOS」として開発しているOS「Chrome OS」を搭載。

OSのベースには、世界中にユーザーがいるLinuxの一種「Gentoo」を採用しています。

8秒起動。動作もサクサク速い

fast

Chromebookは、電源を入れて起動するまで8秒ほどで起動が完了するほどの高速起動。

起動・終了が非常に速いので、Chromebookでは、スリープさせないで、都度電源を切っても問題ないほどです。

バッテリーの駆動時間が長い

バッテリ

Chromebookは、ブラウザのみを動かす省エネOSなので、駆動時間も必然的に長くなります。

Chromebookの機種によりますが、6〜8時間は持つものがほどんど。だから、外出先で電池切れを気にせずに持ち歩けます。

Chromebookの起動スピード比較

セキュリティが強い

antivirus

ウイルスの多くは、パソコンにインストールして感染させるタイプですが、Chromebookはそもそも「インストール」という概念がないため、感染することがありません。

人から受け取ったファイルも基本的には「Google Drive」上に保存することになるので、Google Drive上でウイルスチェックをしてくれます。

フィッシングブロックなどの、ウイルス対策ソフトに搭載されているいくつかのセキュリティ機能はChromebookにはありませんが、そうしたサイトにアクセスしない限り問題はありません。

[PR]

[PR]

デル株式会社

人気ニュース