Google Chromebook情報ポータル「chromebooker」

セキュリティは大丈夫?Chromebookのウイルス対策

Chromebookのウイルス対策

ウイルス対策ソフトがインストール出来ないのは大丈夫?

Chromebookには、Windowsのようなアプリをインストールするという概念がありません。代わりにChromeブラウザにアプリを追加することが出来ますが、Chromeアプリはあくまで「機能を追加する」ものなので、システム全体に適応するようなアプリのインストールが出来ないことになります。

つまり、これまでWindowsやMacでインストールしていたウイルス対策ソフトのインストールが出来ないことになります。このことで「ウイルス対策は大丈夫なのかな?」と不安になる方もいらっしゃるかと思いますが、問題ないというのがGoogleの答えです。

実はウイルス対策ソフトウェアがバックグランドで動いている

Chromebookで動いているChrome OSにはGoogleが管理するウイルス対策ソフトがインストールされていて、このソフトはChromebookを立ち上げる度に、自動的に最新版にアップデートされます。

アプリがインストール出来ない=ウイルスもインストールされない

Chromebookにはアプリ(プログラム)をインストール出来ません。ウイルスはアプリと同じ目に見えないアプリのようなものですので、アプリがインストール出来ない以上、ウイルスもプログラムを実行出来ないと考えて大丈夫でしょう。

Chromeブラウザから感染することはない

サンドボックスは、公園の砂場というイメージ。砂場のアプリは公園には出られない。(画像:Amazon)

ChromeブラウザとChromeのアプリは、サンドボックスと呼ばれる「制限された条件」で動くアプリなので、ウイルスに感染する(ウイルスが感染するためにPC本体のシステムベースに入り込む)ことを未然に防ぐ仕組みになっているので安心です。

仮に、ウイルスに感染しているページを開いたとしても、Chromebookには影響しない造りになっています。

このように見ていくと、Chromebookは、「クラウドしか使えない」という制限を儲けることで、値段を下げるだけでなくセキュリティを向上させているということがわかります。

ウイルス対策ソフトをインストール出来ないと精神的に少し不安だったりもしますが、もしChromeでウイルスに感染するような自体になれば、世界で7億人以上いる(PC、Mac等を含む)Chromeユーザー全体に関する大きな問題となるレベルなので、そこまでなってしまったらウイルス対策ソフトでも防げない自体と言えます。

スパイウェアChromeアプリには要注意

一方で、Chromeウェブストアからインストールしたアプリの中には、入力した情報やサイト閲覧履歴などを収集する「スパイウェア機能」を搭載しているものも少なからずあります。

こうしたアプリは、英語で説明文が書かれていて「あなたの行動履歴を収集します」といった文言が入っている場合がありますが、英語だとどうしても見落としてしまいがち。

Googleは、こうしたスパイウェアChromeアプリを排除する動きをしているようですが、元々「自由なマーケットプレイス」を目指すGoogleが厳しい審査をするとは思えません。アプリをインストールする際は、そのアプリが大丈夫なのかをしっかり見極めてからインストールするようにしましょう。

ウイルス対策ソフトなしでも安全に使えるChromebook。アプリをインストールする際に注意は必要ですが、ウイルス対策ソフトの費用も節約出来て、ウイルスを気にしないで良いのはうれしい限りですね。

参考:Chrome拡張機能に潜むスパイウェアに気をつけよう

[PR]

[PR]

デル株式会社

人気ニュース