Google Chromebook情報ポータル「chromebooker」

Chormebookでのオフライン作業で気をつけたいこと

Google Drive上の書類を編集する際は、データの差異に注意

Google Driveの書類をオフラインで編集する場合、最後にオンラインになった端末からの更新情報を最新にする仕組みになっています。

そのため、例えば、Chromebookでオフライン作業をした後に、別のPCで同じドキュメントを開いて、更新してしまうと、変更内容に差異が生まれてしまい、Chromebookで作業したデータ分が消えてしまうことがあります。

こうしたデータの差異を無くすためにも、オフラインで作業する際は、別名で保存するなど、バックアップを必ず取るようにしましょう。

不用意なデータの削除

Chromebook上でのファイル操作は、Windowsデスクトップなどでの操作と違って、「元に戻す」ことが出来ません。間違って、削除してしまって、あとからゴミ箱から戻すといったことが出来ないので、気をつけましょう。

また、Gogle Driveのデータであれば、基本的にはGoogle Driveのゴミ箱にデータが残っていますが、Google Driveにアップロードする前にChromebook内でデータを消してしまうと、オンラインになった時ファイルはバックアップされません。この点は注意が必要です。

[PR]

[PR]

デル株式会社

人気ニュース