Google Chromebook情報ポータル「chromebooker」

Chrome OSとは?

Chrome OS

Chrome OSは、Googleが開発したパソコン向けOS。Microsoftが開発した「Windows」、Appleが開発した「Mac OS X」に続く、第3のOSとして注目されています。

Chrome OSは、「すべての作業をオンライン上で行う」ことを前提に作られたOSです。アプリのインストールや実行をすべてオンライン上で行うことで、ノートPC側の負荷を軽減させ、軽快な動作と長いバッテリ持続時間を実現させています。

同時に、ユーザーが使うノートPC側で処理しないため、ノートPC側に高いスペックのPCが必要ないため、必然的にPCのパーツが安価なもので済み、低価格で販売出来るというメリットもあります。

「ブラウザしか使えない」というこれまでとは違った操作性

Chrome OS Files

Chrome OSは、「これまでアプリで行っていた作業を、オンラインサービスで代替する」という概念で開発されていますので、インストールされているアプリはChromeブラウザのみ、ユーザーがアプリをインストール出来ない仕組みになっていますので、「ブラウザしか使えないOS」とも呼ばれます。

Webページの閲覧だけでなく、エクセルなどのオフィスアプリ、画像編集、ファイル操作までもブラウザで行うので、少し違和感があるかもしれませんが、基本的にはWindowsやMacに近い操作性を保っています。

また、Chrome OSがユーザーにアプリをインストールさせないのは、「マシンへの負荷を軽減し、ウイルスなどからパソコンを守るセキュリティを高めるため」でもあります。アプリがインストールが出来ない分、WindowsやMacに比べて、ウイルスなどに感染する確率が格段に低くなるメリットも見逃せません。

Chromebookを買う前に、Chrome OSを体験出来る

Chrome OSは、Linuxの「Gentoo」をベースに、GoogleがカスタマイズしたOSで、GoogleがライセンスしたPCメーカーにのみ、提供さえています。このGoogleからラインセンスされたPCが、ノートPCの場合は「Chromebook」、デスクトップの場合は「Chrome Top」と呼ばれていて、各社ともに製品名に利用しています。

また、Chrome OSは、オープンソースライセンスで開発されていてるので、個人でも無償で使うことが出来ます。一般ユーザーでも使えるようにパッケージ化されたChrome OSがいくつか公開されていて、有名なところではHexxeh氏が公開している「Chrome OS Vanilla」があり、USBメモリや仮想環境でChrome OSの亜種「Chromium OS」が気軽に体験出来ます。

Chromebookを購入する前に、「Chromebookだけでどれくらいの作業が出来るのか?」を確認した方は、「Chromium OS」をインストールして体験してみると良いでしょう。

Chrome OSを体験してみる

[PR]

[PR]

デル株式会社

人気ニュース