Google Chromebook情報ポータル「chromebooker」

Googleの音声通話サービス「Googleハングアウト」がChrome OSに対応

2014年10月10日 配信

関連キーワード

Google Chromeチームは、同社のメッセージングサービス「Googleハングアウト」をChrome OSに対応させたと公式ブログで発表しました。

日本ではメッセージサービスというと「LINE」が人気ですが、アメリカなどではGoogleアカウント気軽にチャットやビデオチャットが出来る「Googleハングアウト」が人気です。Android端末にデフォルトでインストールされているため、「ハングアウト」というアイコンだけは見たことがあるという方も多いでしょう。

そんな「Googleハングアウト」がChrome OSに対応。Chrome Webストアからアプリをインストールするだけで、Chromebookの画面上にハングアウトのアイコンが登場し、リアルタイムでメッセージが読めるようになります。これは非常に便利。

使い方のイメージは下記の公式動画をどうぞ。



ハングアウトはデスクトップ上にウィジェットのような形で配置することが出来、OSレベルで連携されています。当然ウィジェットのように配置する場所も自由自在なので、「普通のアプリのように」使うことが出来ます。

Googleの主要サービスが続々とChrome OSに対応していき、ますますChromebookで出来ることが増えてきました。あとは、日本で一般発売される日を待つのみですね。


関連リンク:ハングアウト(Chrome Webストア)

新着ニュース

[PR]

[PR]

デル株式会社

人気ニュース