Google Chromebook情報ポータル「chromebooker」

Google、Chromebook Pixelの後継機種を発表

2015年3月12日 配信

関連キーワード

Googleは、同社が手がけるハイエンドChromebookシリーズ「Chromebook Pixel」の後継機種を発表しました。第5世代のIntel Coreプロセッサを搭載するほか、メモリが8GBもしくは16GB、さらにハイスペックになっています。


ハイスペックすぎるChromebookがさらにハイスペックになって帰ってきました。

最新のCPU、USB Type-Cなど豪華スペックなChromebook


新しいGoogle Chromebook Pixelは、筐体こそ初代機と同じですが、中身は最新のハイスペックマシンになっています。CPUには、Intelの第5世代Core i5 CPUを搭載。

ディスプレイは前モデルと同様の12.85インチ(2560×1700ピクセル)タッチパネル液晶で、CPU、メモリ、ストレージの容量違いで、2種類用意されています。


Google Chromebook Pixel(2015) ラインナップ


・Google Chromebook Pixel(2015) 標準版(Intel Core i5 2.2GHz/8GBメモリ/32GBストレージ)・・・999ドル
・Google Chromebook Pixel(2015) LS版(Intel Core i7 2.4GHz/16GBメモリ/64GBストレージ)・・・1299ドル


ポート回りは、先日Appleの新型Macbookで搭載されたUSB Type-Cがポート搭載されており、充電はここから行う仕様になっています。その他、USB3.0ポートが2つ搭載されています。

筐体はほぼ同じ。バッテリー駆動時間は大きく進化


サイズは、297.7 × 224.55 × 15.3mmで、重さは1.5キロとこちらは先代Chromebook Pixelとほぼ同様。

ただし、バッテリー駆動時間は最大12時間で15分の充電で2時間利用可能な急速充電にも対応。ここは、先代Chromebook Pixelのバッテリー駆動時間が「公称値5時間」だったことを考えると、大きな改善と言えるでしょう。

また、価格についても、初代モデルが1299ドルだったのに対して、最安値モデルが999ドルと1000ドルを切る価格になってきたのは、ライバルでもあるMacBook AirやSurface Proを意識した価格かもしれません。

現状、アメリカのPlayストアではすでに販売開始されていますが、日本での発売は未定となっています。

Google Chromebook Pixel(2015) の主なスペック

メーカー
Google
OS
Chrome OS
ディスプレイ
12.85インチ(2560×1700ピクセル)
CPU
Intel Core i5 2.2GHz/Intel Core i7 2.4GHz
メモリ
8GB/16GB
ストレージ
32GB/64GB
サイズ
297.7 × 224.55 × 15.3mm
重さ
1.5kg


関連リンク:Google Chromebook Pixel公式ページ

新着ニュース

[PR]

[PR]

デル株式会社

人気ニュース