Google Chromebook情報ポータル「chromebooker」

Chromebookでリモートデスクトップ接続をする

Chromebookでリモートデスクトップ接続

複数のリモートデスクトップアプリが提供されている

Chromebook向けには、複数のリモートデスクトップアプリが提供されています。

今回は、Google公式のリモートデスクトップアプリ「Google Chrome リモート デスクトップ」を例に、ChromebookからMacBook Proに接続する方法をご紹介します。

必要なもの

まず、リモートデスクトップに必要なものを確認していきましょう。

  • Chromebook

    当然ですが、Chromebookが必要です。

  • 接続先コンピュータ

    Google Chromeブラウザがインストール出来るパソコンが必要です。今回のデモでは、MacBook Proを使用します。

  • Googleアカウント

    Google Chrome リモート デスクトップは、Googleアカウントを利用してリモート接続をするので、Googleアカウントが必要です。

  • インターネット回線

    リモートデスクトップは、インターネット回線を利用してChromebookから別のパソコンに接続するため、Chromebook側と、接続先のパソコン(今回の例ではMacBook Pro)側の両方ともがインターネットに接続している必要があります。

Chromebook、MacBook Pro両方にアプリをインストール

下記のURLから、Chromebook、MacBook Proの両方にChrome リモート デスクトップをインストールします。この時、Googleのアカウントは両方とも同じアカウントにします。

関連リンク:Google Chrome リモート デスクトップ

MacBook Pro側でリモートを受け付ける設定をする

インストールが完了したら、接続を受ける側(この場合はMacBook Pro)側で「マイパソコン」のブロックにある「リモート接続を有効にする」ボタンを押します。

すると下記のような画面が出てくるので、好きな数字でPINコードを設定します。

PINコードを設定

PINコードを設定すると、MacBook Proの環境設定が開いて、パソコン側に「PIN」の設定を求められるので、先ほど入力したPINと同じものを入力します。

MacBook ProにPINコードを設定

入力が完了すると、ChromebookからMacBook Proに接続が可能になり、下記のように、Chromebook側のChrome リモート デスクトップアプリ内に「MacBook Pro」が見えるようになります。。

Chromebookでリモートデスクトップ接続

Chromebookから接続する

ここまでの設定が済んだら、Chromebook側の「Chrome リモート デスクトップ」画面に、「マイパソコン」のブロックに先ほど設定したMacBook Proが表示されます。

ChromebookでPINを入力

パソコンの名前をクリックすると接続後に「PINコード」を入力するよう聞かれるので、先ほど設定したPINコードを入力します。

これで無事ChromebookでMacBook Proへリモート接続が可能になりました。

モバイル回線でもほとんど動作遅延がなく快適

検証のため、モバイル回線(Wimax)を利用して接続しましたが、動作も問題なくキビキビと動きました。

また、リモート先のMacBook Proで処理をするため、Chromebookが重くなることはなく、しかもMacBook Pro側にインストールしてあるPhotoshopやMicrosoft Officeも使えるため、Chromebookでの作業が圧倒的に幅広くなりました。

接続先のマシンが必要なのと、Chromebookが必ずインターネットに接続されてなくてはならないという制限はありますが、格安で軽いMacBook Airが手に入ったような感覚で使えるのはとても便利ですね。

[PR]

[PR]

デル株式会社

人気ニュース