Google Chromebook情報ポータル「chromebooker」

Chrome OSは、Googleがオープンソースプロジェクト「Chromium OS」として進めているため、誰でも自由にChrome OSを改変したり、使ったりすることが出来ます。

GoogleがChromebookに搭載している「Chrome OS」は、オープンソースからGoogleが製品化したOSなため、一般利用が出来ませんが、「Chromium OS」は利用可能です。

仮想環境を準備しよう

Chromium OSは、直接PCにインストールすることも可能ですが、今使っているWIndowsやMacを一度初期化してデータをすべて消してしまいます。それでは気軽にトライというわけにはいきませんね。

そこで、WindowsやMac上で、他のOSを起動出来る「仮想化アプリ」を利用します。

Windowsの場合

  • VMware Player(無料)
  • Virtualbox(無料)

Macの場合

Linuxの場合

ここでは、すべてのOSで無料で使える「Virtualbox」を例にインストール方法を紹介していきます。

Hexxeh氏が公開しているOSデータを準備しよう

Chromium OSは、Hexxeh氏が公開しているバージョンを利用します。下記のURLにアクセスし、ページ下部「Nightly build links」下にあるBUILDから「Virtualbox」のアイコンをクリックしてダウンロードしてきましょう。BUILDは特別理由がなければ最新版で良いかと思います。

ダウンロードが完了Zipファイルを展開して、Virtualbox用のファイルを取り出します。「ChromeOS-Vanilla-4028.0.2013_04_20_1810-r706c4144-VirtualBox.vdi」といった名前のファイルが出来るはずです。

Virtualboxアプリを起動させ、「Virtualboxマネージャー」で「新規」をクリックします。

名前とOS種類を選択する画面になるので、名前は自分の好きな名前(管理に使うだけの名称なので問題ありません)入力して、「タイプ」に「Linux」、「バージョン」に「Ubuntu」を選択します。

次にメモリサイズを選択する画面になりますが、ここはお使いの環境に合わせて設定してください。使っているPCのメモリサイズの半分(2GB搭載しているPCだったら、1GB)までにしておいたほうが、重くなりません。

ハードドライブを聞かれるので、「すでにある仮想ハードドライブファイルをしようする」を選択して、右側の「フォルダアイコン」をクリック。先ほどのダウンロードした「.vdi」ファイルを選択します。

これで設定は完了です。あとは「Virtualboxマネージャー」から、Chromium OSを選択して「起動」ボタンをクリックすれば起動します。

万が一ネットにつながらなかったら・・・

vmxファイルの一番下に下記の一行を追記すると、Eathernetを選択できるようになります。

ethernet0.virtualDev = "e1000"

[PR]

[PR]

デル株式会社

人気ニュース