Google Chromebook情報ポータル「chromebooker」

Chromebookにインストール出来ないメジャーアプリ一覧

Chrome Webストア

Chromebookはアプリをインストールすることが出来ません。そのため、これまでWindowsパソコンやMacで使っていたメジャーなアプリの多くがChromebookではインストール出来ません。

では、メジャーなアプリを中心にチェックしていきましょう。

ブラウザ

アプリ代用アプリ備考
Internet ExplorerChrome
FirefoxChrome
SafariChrome
OperaChrome
SleipnirChrome

メーラー

アプリ代用アプリ備考
ThunderbirdGmailGmail以外のアカウントはGmailに転送する必要あり
Microsoft OutlookGmailGmail以外のアカウントはGmailに転送する必要あり

ストレージサービス

アプリ代用アプリ備考
DropboxGoogle Driveオンラインでは使える
OneDriveGoogle Driveオンラインでは使える

Office

アプリ代用アプリ備考
Microsoft WordGoogle Drive ドキュメントOfficeオンラインで代用も可能
Microsoft ExcelGoogle Drive スプレッドシートOfficeオンラインで代用も可能
Microsoft PowerpointGoogle Drive プレゼンテーションOfficeオンラインで代用も可能

ソーシャル/通話

アプリ代用アプリ備考
EvernoteAndroidアプリがChromebookで利用可能
LINEなし
SkypeGoogle ハングアウトブラウザ版Skypeも未対応
Twitterなしオンライン上で使うことは可能

クリエイティブツール

アプリ代用アプリ備考
Adobe PhotoshopPhotoshop CC
※近日中にテスト版がリリース
Pixlrなどで代替可能
Adobe Illustratorなしなし

音楽管理

アプリ代用アプリ備考
iTunesGoogle Play Music日本国内では利用不可

多くのアプリがGoogleサービスで代用可能

以上のように、多くのアプリがGoogleのサービスで代替出来るか、オンライン上であれば使えるというケースが多く、アプリがインストール出来ないから全く何も出来ないというわけではないことがわかります。

一方で、MicrosoftのOfficeシリーズなど、本来のアプリでは本格的な作業が出来るのに、Chromebookでは、機能が制限されたオンライン版しか使えないなど制限もあります。

また、音楽管理アプリとして人気の「iTunes」や、「Adobe Illustrator」などは、代替アプリが今のところありません。こうしたアプリを常用する方は、Chromebookでは作業が制限されることを確認しておきましょう。

[PR]

[PR]

デル株式会社

人気ニュース