Google Chromebook情報ポータル「chromebooker」

人気10オンラインサービスはオフラインでも使えるか?

WindowsやMacではオフライン用アプリが用意されているオンラインサービスも、CHromebook向けには用意されていない場合があります。ここでは、主なオンラインサービスの対応状況を確認していきましょう。

◼︎使えるサービス

  • Gmail
  • Google Drive

◼︎使えないサービス

  • Googleマップ
  • Facebook
  • twitter
  • Evernote
  • Officeオンライン
  • Dropbox
  • Box.com
  • OneDrive

Dropboxなどのオンラインストレージサービスは、WindowsやMacではストレージにファイルを保存するため、ネットにつながってなくてもファイルはストレージにあるため問題なく使えますが、Chrmebookの場合は、ストレージに保存するのではなく、オンライン上で閲覧する形になるので、オフラインでは使えません。ここがChromebookが他のノートPCと大きく違う点です。

オフラインで使えるのはGoogleの一部サービスのみ

以上のように、Googleのサービス以外のほとんどのオンラインサービスが、オフラインでは使うことが出来ないことがわかりました。WindowsやMacだけでなく、iPhoneなどでもオフライン作業が出来るアプリも、Chromebookでは出来ないというのは少し残念ですね。

Googleのサービスでも、Googleマップは、iPhoneやAndroid端末では、地図を表示させた状態で検索バーに「ok maps」と打ち込めば、地図データをキャッシュしてくれるのですが、そうした機能もChromebookでは使えません。

もし、Chromebookをオフラインでも活用したいなら、Google Driveに移行するのが一番の近道です。もしくは、Wimaxのようなモバイルルーターを常に持ち歩いておく必要があるでしょう。

[PR]

[PR]

デル株式会社

人気ニュース