Google Chromebook情報ポータル「chromebooker」

Google、Chrome OSバージョン36.0.1985.126をリリース。タッチパネルの利便性を向上

2014年7月23日 配信

関連キーワード

Googleは、Chrome OSバージョン36.0.1985.126をChromebook向けにリリースしました。本アップデートでは、タッチパネルの利便性を向上などいくつかの改善点とバグ修正が行われています。

Chrome OSの最新版が配信されました。

今回配信されたChrome OSバージョン36.0.1985.126は、下記のようなアップデート内容となっています。

・ネット接続がない状態でも時間設定が可能に
・タッチキーボードがIMEをサポート
・タッチ操作対応のWindowマネージャーが搭載
・タッチパネル対応Chromebookでピンチイン、ピンチアウトに対応

タッチパネル搭載WindowsノートPCに対抗した機能ですね。こうした機能が追加されることで、Chromebookがより「Windows PC」っぽくなっていく感じがします。多くの機能が追加されることで、Chromebookの大きなメリットである、「軽快さ」や「手頃な値段」が損なわれないと良いですね。

なお、アップデートは数日中にすべてのChrome OS端末向けに配信される予定です。


関連リンク:Stable Channel Update for Chrome OS(Google Chromeブログ ※英語)

新着ニュース

[PR]

[PR]

デル株式会社

人気ニュース