カテゴリー: アプリ

Chromebookで使えるおすすめエディタアプリ10選

Chromebookで使えるおすすめエディタアプリを10個ピックアップ。Chromeアプリ、Androidアプリ、Linuxアプリからそれぞれ選んで、機能などで比較もしました。

Chromeアプリ/PWAアプリ

まずは、Chromeアプリ(ブラウザで動作するPWA)のエディタからみて行きましょう。

Googleドキュメント

もはや定番になったGoogle純正のドキュメント管理アプリ。ブラウザ上でも安定して動作してGoogle Driveに自動保存されるため、Chromebookとの親和性も非常に高くなっています。

そもそもChromebook自体がGoogleドキュメントなどを使う前提でスタートされているので、親和性が高いのは当たり前ですね。

保存したファイルはGoogle Driveに保存されるのでChromebookでも簡単にファイル操作できるため、そのままメールを送信したり、メモリに入れて誰かに渡すことも可能です。

Google ドキュメント

Miscrosoft Word Online

Miscrosoft Office派の方ならこちら。オンラインですが見た目も機能もほとんどインストール型Wordと同じ機能が使えます。

ファイルはローカルでなくOneDriveに保存することになりますが、ChromeアプリFile System for OneDriveをインストールしておけば、ChromebookのファイルアプリとOneDriveが統合されるので、ローカルでファイルを操作しているのとほとんど同じになります。

Miscrosoft Word Online

Google Keep

こちらもGoogle純正のChromeアプリで、最近のChromebookではデフォルトでインストールされています。

Googleドキュメントとの違いは「文章かメモか」というところで、Google Keepはポストイット感覚で使うメモアプリです。エディタとしても使えてGmailとも統合されているので、シンプルなエディタが欲しい方におすすめです。

Google Keep

Evernote

ノートアプリのEvernoteもブラウザで軽快に動作するのでエディタとしても使えます。

ただし、Evernoteはメモアプリの延長上に位置づけされるので、高性能なエディタが欲しい方には機能的に物足りないかもしれません。

Evernote

Boostnote

ブラウザで動作するタイプのエディタとしてはBoostnoteもおすすめ。クラウド保存を利用しなければ無料で使えます。

Boostnote

マークダウンにも対応していて動作も軽快で使いやすいエディタです。ただし、ブラウザ上にデータを保存しているので、他のマシンからエディタのデータにアクセスするには「有料版のクラウド機能が必須」です。

Androidアプリ

続いて、Androidアプリをみていきましょう。AndroidアプリはPlayストア対応Chromebookをご利用の方のみインストール可能です。

Jota+

Androidのエディタアプリとして人気のJota+。シンプルなエディタが良いという方に最適です。

Jota+ (Text Editor)

AWD - PHP/HTML/CSS/JS IDE

プログラミング用のエディタなら、AWDがおすすめ。シンタックスハイライトにも対応しているので、AtomやVisutal Studio Codeのような感覚で使うことができます。

AWD - PHP/HTML/CSS/JS IDE

Linuxアプリ

最後はLinuxアプリのエディタです。Linuxアプリの場合は、

  • crostini対応Chromebookであること
  • crostini環境に日本語環境をインストールすること

の二つが必要になってきます。

Atom

Githubが開発する定番エディタアプリ。プログラム用に使われますが、普段使いのテキストエディタとして使うのも全然ありです。

Atom

Linux版はGithubのこちらのページから「atom-amd64.deb」というファイルをダウンロードして、Chromebookのファイルアプリから「Linuxアプリのインストール」を実行すればインストールできます。

Visutal Studio Code

Miscrosoftが開発するプログラム用エディタ。こちらも通常のエディタとしても使い勝手は良いです。

Docker連携機能やGithub連携機能など拡張機能が豊富なので、これ一つあれば通常の文章作成からプログラミングまでなんでもこなせます。

インストールは、公式サイトからLinux向け「.deb」ファイルをダウンロードして、「Linuxアプリのインストール」を実行します。

Typora

シンプルなエディタが良いのであれば、Macなどに対応しているTyporaもおすすめ。

フォルダを指定してファイルを展開できるので、DropboxやOneDriveなどのクラウドとの親和性も高いです。

Typora

インストールはLinuxターミナルから、

wget -qO - https://typora.io/linux/public-key.asc | sudo apt-key add -

sudo add-apt-repository 'deb https://typora.io/linux ./'
sudo apt-get update

sudo apt-get install typora

と実行します。

コマンドからのインストールになるので少々敷居は高いです。

おすすめエディタを一覧で比較する

アプリ タイプ 価格 ファイルの保存場所 Chromebookとの統合
Googleドキュメント Chromeアプリ 無料 Google Drive ファイルアプリと統合済
Miscrosoft Word Online Chromeアプリ 無料 OneDrive ファイルアプリと統合可能
Google Keep Chromeアプリ 無料 Google Drive -
Evernote Chromeアプリ 無料(制限あり) Evernoteサーバー -
Boostnote Chromeアプリ 無料(制限あり) Boostnoteサーバー(有料) -
Jota+ Androidアプリ 無料(制限あり) Androidストレージ内 「Playファイル」から可能
AWD Androidアプリ 無料(制限あり) Androidストレージ内 「Playファイル」から可能
Atom Linuxアプリ 無料 Linuxストレージ内 「Linuxファイル」から可能
Visutal Studio Code Linuxアプリ 無料 Linuxストレージ内 「Linuxファイル」から可能
Typora Linuxアプリ 無料 Linuxストレージ内 「Linuxファイル」から可能

注意したいのは、アプリの種類によってエディタで作成したファイルの保存先が異なる点です。

  • Chromeアプリ -> 基本クラウド / ブラウザ内
  • Androidアプリ -> 「Androidファイル」内
  • Linuxアプリ -> 「Linuxファイル」内

となります。特にLinuxファイルは設定からディレクトリを指定しないとChromebookのファイルアプリからは操作ができないので注意が必要です。

どのエディタがいいのか?

エディタは好みのわかれるアプリなので、基本的には好きなものをインストールするのが良いと思いますが、もしcrostini対応ChromebookでLinuxアプリのインストールに抵抗がないのであれば、個人的にはLinux向けのエディタがオススメです。

というのも、ChromeアプリはChrome上で動かすため機能が制限されていることが多く、Andoirdアプリは「タッチ前提のUI/UX」になっているため、キーボードでの操作がうまく動作しない(見辛い)ことが多くなっています。

その点、Linuxアプリは単独のアプリとして開発されていてユーザー数も多いため、機能が充実していますし、PC向けに設計されているのでキーボードを搭載しているChromebookにぴったりです。

crostiniのインストールから日本語環境の構築、Chrome OSとのファイル連携などやらなければならないことが多いので億劫にはなるのですが、一度設定してしまえばフル機能のエディタがChromebookで使えるのは、Chromebookユーザーからすると感動すること間違いなしです。

アプリの記事

ChromebookでPhotoshopが使えるように!AdobeがChrome OS対応Photoshopのベータテストを開始

Adobeは、Web上でPhotoshopが利用出来るストリーミング版Photoshopのベータテストを数週間のうちに開始すると発表しました。対象は、AdobeのCreative Cloudを利用中のアメリカ在住の教育関係者となっています。

ChromebookでPhotoshopが使えるように!AdobeがChrome OS対応Photoshopのベータテストを開始 の続きを読む

複数のGmailアカウントのメールを同時に確認出来る便利なアプリ「Multiple Account Checker for Gmail」

仕事用、プライベート用とGmailのアカウントを使い分けている方にとっては、いちいちログインし直すの面倒。ブラウザが一種類しかないChromebookだと、ブラウザごとにアカウントを変えるという技も使えない。そんな方には「Multiple Account Checker for Gmail」がオススメ。

複数のGmailアカウントのメールを同時に確認出来る便利なアプリ「Multiple Account Checker for Gmail」 の続きを読む