カテゴリー: Chromebookの選び方

ChromebookとiPadの違いは?できること・できないこと、選ぶ際のポイント

ChromebookとiPadの違いを、それぞれでできること・できないことで比較しました。また、どちらを選ぶか迷った際に比較すべきポイントもピックアップしています。

ChromebookとiPadの基本的な違い

まずはChromebookとiPadの基本的な違いを一覧で比較してみましょう。

項目 Chromebook iPad
メーカー PCメーカー Apple
OS Chrome OS iPad OS(iOS)
アプリ Chromeアプリ
Androidアプリ
Linuxアプリ
iOSアプリ
ブラウザ Chrome Safari
アップデート対象期間 おおよそ5,6年 おおよそ5,6年
キーボードサポート
マウスサポート
非対応モデルあり
ペン対応
一部モデル

一部モデル

大きく違うのは、メーカーとOSです。

Chromebookは、Chrome OSを開発するGoogleをはじめ、ASUS、HP、Lenovoなど複数メーカーがChromebookを製造しています。一方で、iPadはAppleのみが製造していていて、そこが「ハードウェアとソフトウェアを両方開発するAppleの強み」とも言われています。

また、OSについてはChrome OSとiPad OSの違いは当然ありますが、アップデート対象期間やキーボード・マウスの対応など、両者の違いはそこまでありません。

ChromebookとiPadをできること・できないことで比較

続いて、ChromebookとiPadをできること・できないことで比較してみます。

項目 Chromebook iPad
ネットブラウジング
メール
ゲーム
ファイル操作
音声検索
SNS
Officeファイルの編集
プリンター印刷
ペン入力
写真・動画撮影

基本的に、両者ともにPC・タブレットとして基本的なできることはすべて出来ると言えます。

一方で、大きく違うのがゲームとペン入力、写真・動画撮影の部分で、iPadが膨大な数のiOSゲームを使えるのに対して、Chromebookは一部のAndroidゲームとLinuxゲームにしか対応していないため、数やクオリティでは大きな差があります。

また、ペン入力という意味では、そもそもペン入力に対応していないChromebookもあり、CLIP STUDIOのようなペン入力に特化したアプリのクオリティの高さ、豊富さもiOSのほうが上です。

カメラという意味もiPadのほうが優れていて、Chromebookが「ビデオチャットが出来る程度」のカメラなのに対して、iPadは高画質写真・動画も撮影する前提のものが搭載されているので、クオリティが圧倒的に違います。

PC・タブレットを使う際に、この3つのポイントが重点なのであれば、iPadをオススメします。

ChromebookとiPad、どちらかを決める3つのポイント

ノートPC的なものが欲しいのか、タブレット的なものが欲しいのか

いまでこそ、同じ土俵で比較されることも増えた両者ですが、そもそもPC向けのOSとしてリリースされたChrome OSを搭載するChromebookは”基本的にノートPC”で、PCではなくタブレットとして開発されたiPadは”あくまでタブレット”です。

ノートPC的な観点からすると、初期からキーボードだけでなくマウスに対応していたChromebookは、ノートPCとして使い勝手が良いのに対して、iPad OSになってマウスに対応したiPadが追いついてきたイメージです。

一方で、タブレットとして見ると、2 in 1モデルなどは”タブレット的”な製品は以前からあったものの、あくまで「PCをタブレットとしても使える」程度のものだったChromebookに対して、最初からタブレットとしての使いやすさを追求したiPadは、タブレットとしての完成度は圧倒的に上です。

ただ、Google製のPixel Slateがリリースされたあたりから、Chrome OSを搭載するタブレットのラインアップも増え、自然とChrome OSのタブレットUIも改善され、まだまだiPadほどではないせよ「タブレットとしても使いやすく」なっています。

どちらもノートPC的にもタブレット的には使えますが、やはり完成度の差はまだまだあるので、「ノートPCが欲しいならChromebook」「タブレットが欲しいならiPad」を選ぶと良いでしょう。

使いたいアプリがあるか

ChromebookにせよiPadにせよ、基本的にはアプリで機能を拡張してい使うものなので、使いたいアプリが対応しているものを選ぶのがベストです。いかにアプリの種類がiPadのが多いとはいっても、使いたいアプリがiPadにないのであれば意味がありません。

その意味では、Chromebookが良いのかiPadが良いのかという問いに対しての明確な答えはなく、それぞれの使い方次第ということになります。

欲しい本体サイズ・重量のものがあるか

ChromebookとiPadの比較というと、どうしてもOSやアプリの比較が多くなってしまいますが、実はこの本体サイズというのは両者の大きな違いです。

両者とも11インチ液晶クラスのラインアップはありますが、「小さいサイズ」と「大きいサイズ」には違いがあります。

小さいサイズでみると、7.9インチサイズのiPad miniがあるのに対して、Chromebookはタブレットタイプでも9インチクラスが最小です。タブレットとして手軽に持ち運びたいという方はこの点が比較ポイントになるでしょう。

逆に、最大で17インチクラスのものもあるChromebookに対して、iPadは一番大きい「iPad Pro」で12.9インチ。大きい画面でノートPC的に作業をしたいのであれば、14インチ、15インチクラスのほうが作業は快適になるので、この点も比較ポイントとなります。

また、本体の重量という意味でも、本体重量が1kg以上のものが基本のChromebookと、iPad miniのように300gクラスのものがあるiPadとでは、持ち運びの仕方に大きな違いがあります。実際に使う時には大きな違いになるので、本体重量もしっかりと確認しましょう。


ChromebookとiPadの違いを、できること・できないこと、選ぶ際のポイントで見てきました。

ここまで見てきた通り、それぞれの良さや強みがあるので、一概にどちらが良くてどちらが悪いというものではありません。今回見てきた違いや比較をもとも、ご自身にあったほうを選んでみてください。

Chromebookの選び方の記事