Google Chromebook情報ポータル「chromebooker」

LenovoとASUSが150ドルを切るChromebookを年内にリリースか?

2014年11月14日 配信

台湾のメディアDigitimesが報じたところによると、LenovoとASUSが150ドルを切るChromebookを年内にリリースかする見込みのようです。

ASUS Chromebook C200MA画像:ASUS Chromebook C200MA Image by Amazon


ただでさえ安いChromebookが、さらに安くなりそうです。

台湾のメディアDigitimesが報じたところによると、格安Chromebookを用意しているのは、LenovoとASUS。どちらもパソコンメーカーとしては日本でも馴染みのあるメーカーです。

ASUSは、現在11.6インチ液晶を搭載したChromebook C200MAを販売していますが、同じ11.6インチ液晶搭載Chromebookで販売価格が149ドルになる新製品を用意しているとのこと。一方のLenovoも「Lenovo N20」「Lenovo Yoga 11e」の2種類のChromebookを販売していますが、こちらも11.6インチ液晶を搭載した150ドル未満のChromebookを用意しているようです。

日本では、ようやく先日個人向けにも販売開始されたChromebookですが、アメリカなど海外では250ドル未満で買えるのが当たり前、199ドルのモデルが人気となっています。

最近は、主に教育機関向け市場でChromebookにシェアを奪われているMicrosoftが格安のWindowsマシンを用意するなど、ノートPCの低価格競争が激化していますが、Chromebookが150ドル未満でリリースされるようになると、OSのライセンスが大きな収入源であるMicrosoftにとっては厳しい戦いになるかもしれませんね。


SOURCE: Digitimes

新着ニュース

[PR]

[PR]

デル株式会社

人気ニュース