カテゴリー: 使い方・コツ

ChromebookのLinux(crostini)でAppImagesフォーマットのアプリを使う方法

Linuxの新しいアプリフォーマット・AppImagesタイプのアプリをChromebookのLinux環境(crostini)で使う方法をまとめました。

AppImageとは何か?

PCにアプリをインストールする時には、Windowsなら.extファイルでインストールをしますが、Linuxの場合は、ディストリビューションによってインストール方法が異なります。UbuntuなどのDebian系なら.deb、CentOSなら.rpmという具合です。

このインストール方式の違いを乗り換えて、どのディストリビューションでもインストール出来るようにしようというのがAppImageです。

AppImage

ChromebookでAppImage方式のアプリを使う方法

ChromebookのLinux環境であるcrostiniはDebainなので.debファイルが提供されている場合は、そのままChrome OSnファイルアプリからインストールができますが、AppImageはChrome OSからLinuxのインストーラーとして認識されないので、そのままでは何もできません。

Linux環境にAppImageファイルを移動する

まずは、ダウンロードしたAppImage方式のアプリをLinuxフォルダに移動させます。Chrome OSのファイルアプリから移動が可能です。

AppImageファイルに実行権限を与える

続いて、AppImageファイルに実行権限を与えます。UbuntuなどのLinux OSであれば右クリックのメニューから付与が可能ですが、Chrome OSのファイルアプリはその機能がないので、コマンドラインから実行します。

chmod a+x ファイル名.AppImage

コマンドラインからAppImageファイルに実行する

あとは、コマンドラインからAppImageファイルを実行するだけです。

./ファイル名.AppImage

これでペンギンのマークでアプリが起動するはずです。

通常のデスクトップLinuxディストリビューションでは、「このアプリをOSメニューと統合するか?」というダイアログが表示されますが、ChromebookのLinux crostiniでは表示されません。

また、アプリによっては、ペンギンマークではなく、Chrome OSに統合される形できちんとインストールされるものもあるようですが、基本的にはコマンドラインから起動することになりそうです。


ChromebookのLinux(crostini)でAppImagesフォーマットのアプリを使う方法を見てきました。

最近になってクロスプラットフォームのアプリなどは、AppImage方式をよく見かけるようになりましたが、Chrome OSでは実行はできるけど、Chrome OSとの統合の面では対応されていない部分があります。

今後のChrome OSのアップデートに期待しましょう。

使い方・コツの記事

【デュアル・トリプル】Chromebook + 外付けモニタでマルチディスプレイを環境を構築する

Chromebookと外付けモニタを組み合わせて、デュアル、トリプルなどのマルチディスプレイを環境を構築する方法と構築する際の注意ポイントをまとめました。

【デュアル・トリプル】Chromebook + 外付けモニタでマルチディスプレイを環境を構築する の続きを読む