カテゴリー: 開発者向け

ChromebookのLinux crostiniで安定して動くアプリの選び方

ChromebookのLinux crostiniで安定して動くGUIアプリの選び方をまとめました。コマンドラインアプリ、GUIアプリの違いなどもまとめてあります。

コマンドラインLinuxアプリ

コマンドラインで動くLinuxアプリについては、インストール出来る限りは安定して動作します。

仮想環境なので主にディスク周りの速度があまり速くないため、直接Linuxで動く場合に比べて速度が落ちることがありますが、それでもしっかりと動作してくれます。

ですので、もしLinuxアプリでGUIとCLIの両方を提供しているような場合は、CLIをメインに使うと安定して快適使うことができるでしょう。

Chromebookのcrostini LinuxはDebianベースなので、Linuxでは定番のDockerやHomebrewも使えます。

GUI Linuxアプリ

問題はGUIアプリで、基本的には動作に問題はないのですが、アプリによってはチラツキがあったり、動作が重くなることがあります。例えば、Linuxブラウザ一つをとっても、快適に動作するものとそうでないものがあります。

ハイスペックなChromebookでも起こる現象なので、スペックの問題というよりかは、Chrome OS(とcrostini Linux)の問題でしょう。

GUIアプリで安定して動作するのは、Githubが提供する「Electron」という開発環境で開発されたアプリで、これはElectronがバックグランドがChromeブラウザなのが要因かと思いますが、筆者がテストした中でも安定動作しているのはElectron製アプリがほとんどでした。

著名なElectron製のLinuxアプリでは、

  • Github Atom
  • Figma
  • Visual Studio Code
  • Skype
  • Slack
  • Discord

などがElectron製です。

Electron製のアプリは公式ページで公開されているので、アプリを追加したい時は探してみると良いでしょう。

Apps | Electron

ちょっとしたTipsですが、Electron製アプリはChromeブラウザなので「ctrl + shift + i」を押すとChrome開発者ツールが起動します。逆にいうと、LinuxアプリなのにChrome開発者ツールが起動できたら、Electron製アプリと思って良いでしょう。


ChromebookのLinux crostiniで安定して動くアプリを見てきました。

Linux crostiniはあくまで仮想環境なので、GUIが重いのは致し方ないところではあります。Linux crostiniを快適に使いたいのであれば、Core i5以上、メモリ8GB以上のChromebookで、コマンドラインアプリかElectron製のアプリを選ぶと良いでしょう。

開発者向けの記事

完全無料!Chromebookで開発するなら入れておきたいオススメアプリ

格安でマシンスペックもそこそこなので、Chromebookを開発マシンにしたいという方は意外と多いかと思います。そんな「Chromebookを開発マシンにしたい」または「開発マシンとしてChromebookを検討しているけど本当に使えるのか不安」という方に向けて、Chromebookの開発向けオススメアプリを無料のものだけでピックアップしました。

完全無料!Chromebookで開発するなら入れておきたいオススメアプリ の続きを読む

Chromebookでローカルサーバーを立てる

Chromebookで開発するにもプログラミングの勉強をするにも、ローカルサーバがあると何かと便利です。今回は、Chromebookでローカルサーバーを立てる方法をまとめました。専門知識が不要な方法から、高度な設定が出来る専門的なサーバーまで広くピックアップしています。

Chromebookでローカルサーバーを立てる の続きを読む

Web・アプリなどのプログラミング開発機にChromebookを使う際の選び方

最近は、軽量で比較的安価なことからWeb・アプリのプログラミング開発機として選択肢にあがることが多くなったChromebook。ChromebookをWeb・アプリの開発機として使う際の機種の選び方をまとめました。

Web・アプリなどのプログラミング開発機にChromebookを使う際の選び方 の続きを読む