カテゴリー: 開発者向け

ChromebookでHomebrew(linuxbrew)を使う

Macでお馴染みのコマンドラインアプリ管理ツール・HomebrewをChromebookでも使う方法をまとめました。Chrome OS専用のchromebrewとの違いやメリット・デメリットも。

ChromebookにHomebrew(Linuxbrew)をインストールする

Chromebookでは、

  • chromebrew
  • Homebrew(旧Linuxbrew)

の2つが利用できます。

chromebrewがChromeシェルで動かすのに対して、ChromebookでHomebrewを使う場合は、Linux仮想環境(crostini)を使います。

環境 動作 操作 対応アプリの多さ
chromebrew ネイティブ 高速 Chromeシェル
Homebrew Linux仮想環境 やや遅い Linuxシェル

chromebrewはアプリの数が少なかったり、インストール出来ないアプリが多くあるのに対して、Homebrewはアプリが豊富で基本的にはmacOSと同じ感覚で使えます。

一方で、動作速度という面で見ると、ネイティブ動作のchromebrewが速く、仮想環境であるLinux crostiniはどうしても速度面では劣ります。

今回はLinux仮想環境にHomebrewをインストールする方法をみていきます。

事前準備

Homebrewでアプリをインストール際には、GCCなどのビルドパッケージが必要なので、予めインストールしておきましょう。

sudo apt update
sudo apt-get install build-essential curl file git

インストールする

Homebrewのインストーラーを実行します。

/bin/bash -c "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install.sh)"

下記のような感じで、インストーラーが起動します。

==> This script will install:
/home/linuxbrew/.linuxbrew/bin/brew
/home/linuxbrew/.linuxbrew/share/doc/homebrew
/home/linuxbrew/.linuxbrew/share/man/man1/brew.1
/home/linuxbrew/.linuxbrew/share/zsh/site-functions/_brew
/home/linuxbrew/.linuxbrew/etc/bash_completion.d/brew
/home/linuxbrew/.linuxbrew/Homebrew
==> The following existing directories will be made writable by user only:
/home/linuxbrew/.linuxbrew/share/zsh
/home/linuxbrew/.linuxbrew/share/zsh/site-functions

Press RETURN to continue or any other key to abort

エンターキーを押せば、インストールが自動で行われます。

PATHを通す

インストールが完了したら、PATHを通します。

test -d ~/.linuxbrew && eval $(~/.linuxbrew/bin/brew shellenv)
test -d /home/linuxbrew/.linuxbrew && eval $(/home/linuxbrew/.linuxbrew/bin/brew shellenv)
test -r ~/.bash_profile && echo "eval \$($(brew --prefix)/bin/brew shellenv)" >>~/.bash_profile
echo "eval \$($(brew --prefix)/bin/brew shellenv)" >>~/.profile

brew doctorで確認する

brew doctorコマンドでヘルスチェックします。

brew doctor

Your system is ready to brew.

と出てくればOKです。

もし、下記のようなエラーがでたら、

Warning: Homebrew's sbin was not found in your PATH but you have installed
formulae that put executables in /home/linuxbrew/.linuxbrew/sbin.
Consider setting the PATH for example like so:
  echo 'export PATH="/home/linuxbrew/.linuxbrew/sbin:$PATH"' >> ~/.profile

指示の通り、.profileに追記します。下記のコマンドを実行するだけで.profileに追記されます。

echo 'export PATH="/home/linuxbrew/.linuxbrew/sbin:$PATH"' >> ~/.profile

できたら、設定をリロードします。

source ~/.profile

再度brew doctorを実行して問題がなければOKです。

あとは、brewコマンドで、

brew install xxxx

様々なアプリをインストールしたり、

brew update

でアップデートしたりと、macOSのHomebrewと同じように使えます。


ChromebookでHomebrew(linuxbrew)を使う方法を見てきました。

Macで開発をしていた方は、Homebrewには馴染みのある方が多いかと思いますので、Chromebookでも同じHomebrewが使えると便利ですね。

開発者向けの記事

完全無料!Chromebookで開発するなら入れておきたいオススメアプリ

格安でマシンスペックもそこそこなので、Chromebookを開発マシンにしたいという方は意外と多いかと思います。そんな「Chromebookを開発マシンにしたい」または「開発マシンとしてChromebookを検討しているけど本当に使えるのか不安」という方に向けて、Chromebookの開発向けオススメアプリを無料のものだけでピックアップしました。

完全無料!Chromebookで開発するなら入れておきたいオススメアプリ の続きを読む

Chromebookでローカルサーバーを立てる

Chromebookで開発するにもプログラミングの勉強をするにも、ローカルサーバがあると何かと便利です。今回は、Chromebookでローカルサーバーを立てる方法をまとめました。専門知識が不要な方法から、高度な設定が出来る専門的なサーバーまで広くピックアップしています。

Chromebookでローカルサーバーを立てる の続きを読む

Web・アプリなどのプログラミング開発機にChromebookを使う際の選び方

最近は、軽量で比較的安価なことからWeb・アプリのプログラミング開発機として選択肢にあがることが多くなったChromebook。ChromebookをWeb・アプリの開発機として使う際の機種の選び方をまとめました。

Web・アプリなどのプログラミング開発機にChromebookを使う際の選び方 の続きを読む