カテゴリー: 開発者向け

ChromebookでWordPressローカルサーバーを5分で用意する

ChromebookでWordPressローカルサーバーを5分で用意する方法をまとめました。DockerコンテナでWordPressサーバーを用意するので、Chromebookの中身もLinux環境も汚すことなく使うことが出来ます。

事前準備

  • Linuxベータ
  • インターネット環境

これだけでOKです。

何かミス等でおかしくなっても、Chromebook自体には影響はないので安心してください。仮に失敗したとしても、Linux環境を一旦削除して再度作成すれば何回でもやり直しができます。

なお、すでに公開サーバーで動いているWordPressサイトを使うのであれば、「ブラウザからWordPressサイトにアクセスすればそのまま使えます」。この方法は、あくまでローカル環境にWordPressのテスト環境を構築する方法となりますのでご注意ください。

実演

Linuxに素のPHPやMySQLをインストールしても良いのですが、トラブルに遭遇する確率が高いのでDockerを使います。コマンドラインを使いますが、Linuxの知識がなくてもコマンドをコピペして打てば出来るように、出来るだけ簡素にガイドを書いていきます。

Dockerをインストール

まずは、Dockerをインストールします。

Linuxターミナルを開いて、下記のコマンドをコピーして実行(エンターキー)します。

sudo apt update -y
sudo apt install -y \
    apt-transport-https \
    ca-certificates \
    curl \
    gnupg2 \
    software-properties-common
curl -fsSL https://download.docker.com/linux/debian/gpg | sudo apt-key add -
sudo apt-key fingerprint 0EBFCD88
sudo add-apt-repository \
   "deb [arch=amd64] https://download.docker.com/linux/debian \
   $(lsb_release -cs) \
   stable"
sudo apt update -y
sudo apt install -y docker-ce docker-ce-cli containerd.io
sudo docker --version  
Docker version 19.03.12, build 48a66213fe

このコマンドが出来ればインストール完了です。

Docker-composeをインストール

続いて、Docker-composeをインストールします。本来なくても良い機能ですが、WordPressを一発で立ち上げることができるのでインストールしておきます。

sudo su
sudo curl -L "https://github.com/docker/compose/releases/download/1.26.2/docker-compose-$(uname -s)-$(uname -m)" -o /usr/local/bin/docker-compose
sudo chmod +x /usr/local/bin/docker-compose
sudo ln -s /usr/local/bin/docker-compose /usr/bin/docker-compose
docker-compose --version
docker-compose version 1.26.2, build 1110ad01

バージョンが表示されたら、

exit

でsudoを抜けます。

WordPress用docker-copmose.ymlの準備

WordPress用のdocker-copmose.ymlというファイルを用意します。

テキストエディタが必要ですが、インストールしていない場合もあるので、コマンドラインから作成します。

任意の場所で、

vi docker-compose.yml

と打ちます。

viエディタが立ち上がるので、キーボードのiキーを押して入力モードに入って、

ctrl + shift + v

で下記のテキストをペーストします。

version: '3.1'

services:

  wordpress:
    image: wordpress
    restart: always
    ports:
      - 8080:80
    environment:
      WORDPRESS_DB_HOST: db
      WORDPRESS_DB_USER: exampleuser
      WORDPRESS_DB_PASSWORD: examplepass
      WORDPRESS_DB_NAME: exampledb
    volumes:
      - wordpress:/var/www/html

  db:
    image: mysql:5.7
    restart: always
    environment:
      MYSQL_DATABASE: exampledb
      MYSQL_USER: exampleuser
      MYSQL_PASSWORD: examplepass
      MYSQL_RANDOM_ROOT_PASSWORD: '1'
    volumes:
      - db:/var/lib/mysql

volumes:
  wordpress:
  db:

ペーストできたら、

  • ESCキー
  • :キー
  • wqと入力
  • エンター

の順番でキーを押して、ファイルを保存します。

ターミナルの画面に戻ればWordPress用のdocker-compose.ymlファイルの作成成功です。

WordPress Dockerコンテナを起動

ここまでできたら終わったも同然です。

sudo docker-compose up -d

でコンテナを起動します。

sudo docker-compose up -d
Creating network "wordpress_default" with the default driver
Creating volume "wordpress_wordpress" with default driver
Creating volume "wordpress_db" with default driver
Pulling wordpress (wordpress:)...
latest: Pulling from library/wordpress
8559a31e96f4: Already exists
e0276193a084: Pull complete
eb2d00c10344: Pull complete
f54006e0dc29: Pull complete
e0d3d1244592: Pull complete
3a60f364b0c5: Pull complete
3e309988c00b: Pull complete
42c09ef39fe7: Pull complete
8faf60068506: Pull complete
c59965a5777f: Pull complete
db37570cfdf4: Pull complete
2c289722ebb3: Pull complete
491a234e2c26: Pull complete
944a23d0ea39: Pull complete
b83f4c8507f7: Pull complete
e80a84c5a269: Pull complete
267943a2fe25: Pull complete
a7780c30584c: Pull complete
ed59c3cd6acc: Pull complete
a650de05eb1e: Pull complete
Digest: sha256:ca4e9b3078ce3497cfbadea6df299a6c46fceddc7eac04958207ef3e4d2edaa8
Status: Downloaded newer image for wordpress:latest
Creating wordpress_wordpress_1 ... done
Creating wordpress_db_1        ... done

こんな感じでコマンドラインが流れてくれば起動完了です。

ローカルWordPressにアクセス

立ち上げたWordPressサーバーは、localhost:8080というアドレスを持っているので、ブラウザでアクセスします。

ChromebookのブラウザでローカルWordPressにアクセスしたところ

無事立ち上がっていますね。

あとは、いつも通りWordPressの設定を進めればOKです。

ChromebookのローカルWordPressで開いた管理画面

一度ログアウト・電源オフをした場合

今回作成したWordPressコンテナは自動で再起動するようになっていますが、ChromebookではLinux環境は何か一つのLinuxアプリを明示的に起動しないとLinux環境自体がスリープしているので、WordPressサーバーも立ち上がりません。

ですので、一度ログアウトや電源オフをした場合は、Linuxターミナルを立ち上げてください。立ち上げたあとは最小化しておけばOKです。


ChromebookでWordPressローカルサーバーを立ち上げてみました。

インタネット回線の速度やChromebookのスペック次第で5分以上かかってしまうこともあるかと思いますが、概ね10分くらいでは用意できるかと思います。

開発者向けの記事