カテゴリー: 開発者向け

Chromebookでローカルサーバーを立てる

Chromebookで開発するにもプログラミングの勉強をするにも、ローカルサーバがあると何かと便利です。今回は、Chromebookでローカルサーバーを立てる方法をまとめました。専門知識が不要な方法から、高度な設定が出来る専門的なサーバーまで広くピックアップしています。

Chromebookでローカルサーバーを立てる方法

Chromebookでローカルサーバーを立てる方法は3種類あります。

  • Chrome拡張機能を使う
  • Androidアプリを使う
  • Linux環境にインストールする

それぞれ、導入方法や使える機能が異なります。

項目 Chrome拡張 Androidアプリ Linux環境
手軽さ
専門知識 不要 やや必要 必要
機能
料金 無料 一部有料 無料

ここからは、それぞれの導入方法やメリット・デメリットを詳しく見ていきます。

Chrome拡張でローカルサーバーを立てる

この方法が一番手軽で、専門知識もなくローカルサーバーを立てられます。拡張機能をインストールするだけなので、専門知識もほとんど必要なく無料で使うことができます。

ただ、Chrome拡張機能なので様々な制限があり、機能がかなり制限されるのがデメリットです。具体的にいうと、機能はHTTPサーバーのみで、PHPやRubyなどのサーバーサイド処理はできません。

ローカルサーバーを立てるChrome拡張機能としては、Web Server for Chromeが定番です。

価格
¥0
定価
¥0

Chromeウェブストア

  • Chromeブラウザで簡単にローカルサーバーが建てられる
  • 特別な設定がほとんどいらない手軽さが良い
  • オフラインでも使える
開発元 chromebeat.com
アプリタイプ Chrome拡張機能

Androidアプリでローカルサーバーを立てる

Androidアプリには、Android端末をサーバーにしてしまうアプリが複数存在します。PHPやMySQLサーバーを立てるものもあるので、ローカルWordPressサーバーを立てたり、ローカルNASサーバーを立てることも可能です。

ただ、普段からLinux環境でサーバーを構築しているような方からすると、機能はやはり限定的です。例えば、Node.jsはnpmが使えないなど、アプリによっては制限があります。また、処理速度はあまり速くありません。

サーバー関連のAndroidアプリでは下記がオススメです。

価格
¥0
定価
¥0

Google Playストア

  • 有料だが高性能なサーバー
  • アプリから簡単操作でサーバー設定ができる
開発元 KSLABS
アプリタイプ Androidアプリ
Webサーバー Apache、lighttpd、Nginx
対応言語 PHP
データベース MySQL、SQLite
価格
¥0
定価
¥0

Google Playストア

  • 50以上の多種多様なサーバー機能を搭載
  • 無料でも十分に使えるマルチサーバー
  • SSHでサーバーを管理可能
開発元 Ice Cold Apps
アプリタイプ Androidアプリ
Webサーバー lighttpd、Nginx
対応言語 PHP、Nodejs
データベース MySQL、SQLite、MongoDB

どちらも課金アプリですが、GUIで簡単にサーバーが立ち上げられるという意味では価格相応の価値があります。

PHP + MySQL環境が欲しいのであれば、ほぼワンクリックで構築できるKSWEBがオススメです。

Linux環境(crostini)でローカルサーバーを立てる

一部のChromebookには、LinuxベータというDebianベースの仮想環境(crostiniとも呼ばれる)を構築する機能が搭載されています。初期段階ではオフになっていますが、設定画面から簡単にオンにできます。

Linuxベータに対応しているChromebookは下記からチェックできます。

Chrome OS Systems Supporting Linux (Beta)

こちらは完全にLinuxなので、普段使っているサーバーと同じようにサーバーを立ち上げることができます。ApacheやNginxなどのWebサーバーを構築するのも良いですし、Dockerでサーバー関連コンテナを一気に構築することもできます。

価格
¥0
定価
¥0

公式ページ

  • コンテナ仮想環境のオープンソースソフトウェア
  • サーバーだけでなく、WindowsやmacOS、デスクトップ版Linuxにも対応している
開発元 Docker, Inc
アプリタイプ Windowsアプリ、macOSアプリ、Linuxアプリ

また、PHPやOSSなどで提供されているlocalhostで起動する一時サーバーも利用できます。

かつてはChromebookとLinux環境のlocalhostが紐付いていなく、「penguin.termina.linux.test」というドメイン経由でしかアクセスできませんでしたが、2020年初頭のアップデートで、LinuxのlocalhostとChromebookのlocalhostが連動するようになったため、最新のChrome OSではlocahostでLinux環境に立てたサーバーにアクセスできます。

ChromebookのLinux環境は完全なLinuxですが、Linux環境内で仮想化ができないなど、制限自体は存在しますが、ローカルサーバーとして利用するだけならほとんど制限はないでしょう。

注意点としては、すべてのChromebookがLinuxに対応しているわけではないということと、メインメモリが2GBや4GBなどの低スペックChromebookだと、動作が重くなる点です。

Linuxローカルサーバー機能を使うのであれば、2018年以降に発売されたメモリが8GB以上搭載されているChromebookを選ぶと良いでしょう。

それぞれの方法のメリット・デメリット

最後にそれぞれのメリット・デメリットをまとめました。

項目 メリット デメリット
Chrome拡張 簡単・無料・手軽
専門知識がほぼ不要
機能が最低限しかない
Androidアプリ 簡単・手軽
WordPressのローカルサーバーも立てられる
課金アプリ
機能に制限がある
Linux環境 無料・ほぼ制限なし
専門的なサーバーも使える
専門知識が必要

Linuxサーバーの専門知識があまりなく、ローカルWordPressサーバーが欲しいだけなら、Androidアプリがベストでしょう。

逆にLinuxサーバーの知識があるのであれば、Linux環境がオススメです。仮想環境だからか、ディスク速度はあまり速くありませんが、LinuxのOSSがほとんどそのまま使えるのはかなり便利です。


Chromebookでローカルサーバーを立てる方法を見てきました。

Linux環境の登場で開発者にとって開発機の候補の一つになったChromebookですが、こうしてローカルサーバー機能を見てもLinux環境の存在は大きいですね。Chromebookを開発機にしたいと思っている方は、ぜひ試してみてください。

開発者向けの記事

完全無料!Chromebookで開発するなら入れておきたいオススメアプリ

格安でマシンスペックもそこそこなので、Chromebookを開発マシンにしたいという方は意外と多いかと思います。そんな「Chromebookを開発マシンにしたい」または「開発マシンとしてChromebookを検討しているけど本当に使えるのか不安」という方に向けて、Chromebookの開発向けオススメアプリを無料のものだけでピックアップしました。

完全無料!Chromebookで開発するなら入れておきたいオススメアプリ の続きを読む

Web・アプリなどのプログラミング開発機にChromebookを使う際の選び方

最近は、軽量で比較的安価なことからWeb・アプリのプログラミング開発機として選択肢にあがることが多くなったChromebook。ChromebookをWeb・アプリの開発機として使う際の機種の選び方をまとめました。

Web・アプリなどのプログラミング開発機にChromebookを使う際の選び方 の続きを読む

シリーズ・連載