カテゴリー: 開発者向け

Chromebookでローカルサーバーを立てる

今回は、Chromebookでローカルサーバーを立てる方法をまとめました。専門知識が不要な方法から、高度な設定が出来る専門的なサーバーまで広くピックアップしています。

Chromebookでローカルサーバーを立てる方法

Chromebookでローカルサーバーを立てる方法は3種類あります。

  • Chrome拡張機能を使う
  • Androidアプリを使う
  • Linux環境にインストールする

それぞれ、導入方法や使える機能が異なります。

項目 Chrome拡張 Androidアプリ Linux環境
手軽さ
専門知識 不要 やや必要 必要
機能
料金 無料 一部有料 無料

ここからは、それぞれの導入方法やメリット・デメリットを詳しく見ていきます。

Chrome拡張でローカルサーバーを立てる

この方法が一番手軽で、専門知識もなくローカルサーバーを立てられます。拡張機能をインストールするだけなので、専門知識もほとんど必要なく無料で使うことができます。

ただ、Chrome拡張機能なので様々な制限があり、機能がかなり制限されるのがデメリットです。具体的にいうと、機能はHTTPサーバーのみで、PHPやRubyなどのサーバーサイド処理はできません。

ローカルサーバーを立てるChrome拡張機能としては、Web Server for Chromeが定番です。

Web Server for Chrome

Androidアプリでローカルサーバーを立てる

Androidアプリには、Android端末をサーバーにしてしまうアプリが複数存在します。PHPやMySQLサーバーを立てるものもあるので、ローカルWordPressサーバーを立てたり、ローカルNASサーバーを立てることも可能です。

ただ、普段からLinux環境でサーバーを構築しているような方からすると、機能はやはり限定的です。例えば、Node.jsはnpmが使えないなど、アプリによっては制限があります。また、処理速度はあまり速くありません。

サーバー関連のAndroidアプリでは下記がオススメです。

KSWEB: server + PHP + MySQL

Servers Ultimate

どちらも課金アプリですが、GUIで簡単にサーバーが立ち上げられるという意味では価格相応の価値があります。

PHP + MySQL環境が欲しいのであれば、ほぼワンクリックで構築できるKSWEBがオススメです。

Linux環境(crostini)でローカルサーバーを立てる

一部のChromebookには、LinuxベータというDebianベースの仮想環境(crostiniとも呼ばれる)を構築する機能が搭載されています。初期段階ではオフになっていますが、設定画面から簡単にオンにできます。

Linuxベータに対応しているChromebookは下記からチェックできます。

Chrome OS Systems Supporting Linux (Beta)

こちらは完全にLinuxなので、普段使っているサーバーと同じようにサーバーを立ち上げることができます。ApacheやNginxなどのWebサーバーを構築するのも良いですし、Dockerでサーバー関連コンテナを一気に構築することもできます。また、PHPやOSSなどで提供されているlocalhostで起動する一時サーバーも利用できます。

かつてはChromebookとLinux環境のlocalhostが紐付いていなく、「penguin.termina.linux.test」というドメイン経由でしかアクセスできませんでしたが、2020年初頭のアップデートで、LinuxのlocalhostとChromebookのlocalhostが連動するようになったため、最新のChrome OSではlocahostでLinux環境に立てたサーバーにアクセスできます。

ChromebookのLinux環境は完全なLinuxですが、Linux環境内で仮想化ができないなど、制限自体は存在しますが、ローカルサーバーとして利用するだけならほとんど制限はないでしょう。

注意点としては、すべてのChromebookがLinuxに対応しているわけではないということと、メインメモリが2GBや4GBなどの低スペックChromebookだと、動作が重くなる点です。Linuxローカルサーバー機能を使うのであれば、2018年以降に発売されたメモリが8GB以上搭載されているChromebookを選ぶと良いでしょう。

それぞれの方法のメリット・デメリット

最後にそれぞれのメリット・デメリットをまとめました。

項目 メリット デメリット
Chrome拡張 簡単・無料・手軽
専門知識がほぼ不要
機能が最低限しかない
Androidアプリ 簡単・手軽
WordPressのローカルサーバーも立てられる
課金アプリ
機能に制限がある
Linux環境 無料・ほぼ制限なし
専門的なサーバーも使える
専門知識が必要

Linuxサーバーの専門知識があまりなく、ローカルWordPressサーバーが欲しいだけなら、Androidアプリがベストでしょう。

逆にLinuxサーバーの知識があるのであれば、Linux環境がオススメです。仮想環境だからか、ディスク速度はあまり速くありませんが、LinuxのOSSがほとんどそのまま使えるのはかなり便利です。


Chromebookでローカルサーバーを立てる方法を見てきました。

Linux環境の登場で開発者にとって開発機の候補の一つになったChromebookですが、こうしてローカルサーバー機能を見てもLinux環境の存在は大きいですね。Chromebookを開発機にしたいと思っている方は、ぜひ試してみてください。

開発者向けの記事