Google Chromebook情報ポータル「chromebooker」

重くなってしまったChromebookを高速化する方法

2015年3月11日 配信

関連キーワード

高速で軽快な動作が売りのChromebook。それでもパソコンではあるので使い続けることで動作が重くなることがあります。そんな時に、Chromebookを劇的に高速化させる方法をご紹介。

画像:ASUS Chromebook C300MA(ホワイト)


買った時はサクサク動いてたのに、最近ちょっと動きが遅いような・・・。パソコンを使っているとよくあることですが、Windowsなど他のPCよりも動作が軽快なChromebookでも、起こりにくいとはいえ同様の現象が起こりえます。

Chromebookはアプリが意図しないバックグラウンドで動くことがほとんどないため、重くなる要因は「Chrome OSのアップデート」、「ストレージ容量の減少」、「拡張機能やChromeアプリがバックグラウンドで通信している」のどれかと疑うことができます。

ここではそれぞれの確認方法と、問題の解決方法をご紹介します。

アップデート中でないか確認


Chrome OSのアップデート画面アップデート中はこのような表示になる


Chrome OSはバックグラウンドで自動でアップデートしてくれる便利なOSです。仕組みとしては、バックグラウンドでOSのアップデートをかけ、次回ログインした際にアップデートを適応するという流れになっていますが、当然アップデートを「確認&ダウンロード」している時は、通信やディスクの書き込みが発生するため、多少動作が遅くなります。

現在アップデート中かは、「設定」>「Chrome OSについて」から確認できます。

ここで「アップデート中」と出ている場合は、Chrome OSをアップデートしているため、多少動作が遅くなりますが、一時的なものなので特に対処する必要はありません。アップデートが完了するのを待ちましょう。


バックグラウンド通信をする拡張機能をオフにする


Chrome OSの拡張機能確認画面動作を重くする拡張機能はオフにしよう


Chromeアプリや拡張機能を追加しても、基本的にはChromebookの動作は重くなりません。

ただし、中には常時バックグラウンド通信をしているものがあり、そうしたアプリや拡張機能が原因でChromebookの動作が重くなることがあります。

今、Chromebookにどんな拡張機能がインストールされているかは、ブラウザの検索窓に

「chrome://plugins/」

と打ち込むことで確認ができます。

一つ一つ拡張機能をオフにして、どの機能が重いかを確認して、重いものは思い切ってオフにすることで、動作が軽くなることがあります。

ダウンロードをフォルダをSDカードに退避


Chrome OSのダウンロードフォルダ設定画面ダウンロードフォルダは自分の好きな場所を設定可能


Chromebookは、元々ストレージが16GBから32GB程度しかないモデルが基本となっているため、ストレージ容量が少なくなってくると、動作が必然的に重くなります。

また、ストレージ容量が少なくなると、ダウンロードフォルダのファイルを自動的に削除する機能もあるので、注意が必要です。

こうした問題を解決するためにも、Chromebookでファイルを保存する際は、保存先をSDカードにしましょう。ダウンロードフォルダの設定は、

「設定」>「ダウンロード保存先」

から設定することができます。

すでにダウンロードしたファイルも、同じフォルダに移動しておけば、Chromebookのストレージ容量に空きができて、動作が重くなることを防ぐことができます。

最近は、SDカードも32GBで2000円を切るようになってきたので、手頃な価格でChromebookのストレージ容量を拡張出来るのも大きなメリットです。

Transcend SDHCカード 32GB Class10 UHS-I対応(1,880円)




OneClick Cleaner for Chromeでキャッシュをクリア


OneClick Cleaner for Chrome


それでも重い!という場合は、思い切ってChromebookのキャッシュをクリアしてしまいましょう。

「OneClick Cleaner for Chrome」というアプリを使えば、どのキャッシュをクリアするかまで詳細に設定しながらChromebookのキャッシュデータを削除できます。基本的には、「OneClick Cleaner for Chrome」のデフォルトの設定で問題ないでしょう。

関連リンク:OneClick Cleaner for Chrome(Chrome Webストア)

実際に、筆者の環境では文字入力ですらカクつくような状況でしたが、OneClick Cleaner for Chromeを使うことで、元のサクサクなChromebookに戻りました。


いかがでしたでしょうか?

軽快な動作が売りのChromebookですが、ちょっとしたメンテナンスでChromebookを「速いChromebook」のままにすることが出来ます。

最近ちょっとChromebookが重くなってきたかも?と思ったら、ぜひ試してみてください。

新着ニュース

[PR]

[PR]

デル株式会社

人気ニュース