カテゴリー: 使い方・コツ

Chromebookで遊べるゲームプラットフォームまとめ

意外といろんなことができるChromebook。今回は、Chromebookで遊べるゲームプラットフォームをまとめました。

Google Playストア

Androidに対応しているChromebookでは、Google Playストアのゲームが遊べます。

Chrome OSに内蔵しているAndroidバージョンに対応したゲームであればほとんどが遊ぶことができます。

Androidゲームはタッチを前提としているため、タッチ機能がないChromebookではプレイが難しい面もありますが、下記の動画のようにタッチ操作ができればスマートフォンと同じようにサクサク動きます。

なお、Androidに対応しているChromebookは下記の一覧から確認ができます。

Chrome OS Systems Supporting Android Apps

現状、Google Playストアに対応しているChromebookは、Chrome OSが搭載されたChromebookだけで、Windows PCなどにCloud ReadyなどのChromium OSをインストールした端末では利用できません。

Google Stadia

Google Stadiaは、通常のPCゲームをサーバー上で実装してストリーミングでプレイする「ゲームストリーミングプラットフォーム」で、Chromebookにも対応しています。

Stadia

ストリーミングなので、Chromebookのスペックに左右されずに、高性能なGPUを必要とするようなハイエンドゲームも楽しむことができます。

下記の動画では、2014年発売のAcer Chromebook 11 (CB3-111-C8UB)で、Google Stadiaのゲームをプレイしています。

Steam

PC向けゲームプラットフォームとして人気のSteamも、Linux環境を実行できる「crostini」に対応した一部のChromebookで楽しむことができます。

ChromebookでSteamを実行するには、

  • Linux版Steamをcrostini環境にインストールする
  • crostini環境にWineをインストールしてWindows版Steamをインストールする

という二つの方法があります。

Steamはゲームによって対応プラットフォームが変わってくるので、自分の持っているゲームに合わせてインストールすると良いでしょう。

ChromebookにSteamをインストールする方法は、下記のページに詳しく開設されています。

How to install Steam | reddit

下記の動画では、実際にChromebookにインストールしたSteamゲームをプレイしています。

実際にプレイしているユーザーの話によると、実機よりも動作は遅くようです。

SteamがChrome OSを公式サポートするという一部報道もあるため、将来的にはもっと簡単にSteamがインストールできるようになるかもしれません。


Chromebookで遊べるゲームプラットフォームをみてきました。

ブラウザ利用がメインのところがスタートしたChromebookも、少しずつゲームやプログラム開発などブラウザ以外の用途でも使えるようになってきていますが、まだまだ発展途上と言えます。

今後のChrome OSのアップデートを楽しみにしていましょう。

使い方・コツの記事

重くなってしまったChromebookを高速化する方法

高速で軽快な動作が売りのChromebook。それでもパソコンではあるので使い続けることで動作が重くなることがあります。そんな時に、Chromebookを劇的に高速化させる方法をご紹介。

重くなってしまったChromebookを高速化する方法 の続きを読む

作業効率が劇的にアップ!Google検索の便利な使い方

Chromebookならずとも、すでに生活の一部になっているGoogle検索。現在はYahooもGoogleのエンジンを使っているため、効率よく検索することで作業効率がアップします。今回はちょっとした便利な使い方はご紹介。

作業効率が劇的にアップ!Google検索の便利な使い方 の続きを読む