カテゴリー: 使い方・コツ

Chromebookで写真や画像の管理のマスターしよう

Chromebookでもデジカメやスマホの写真や画像を保存したり、取り込んだり管理したりすることができます。今回は、Chromebookで写真・画像の管理をする方法をまとめました。

Chromebookで写真の取り込み・保存をする

Chromebookでカメラやスマホで撮影した写真を取り込む方法は、取り込み元によってことなりますが、全て「ファイルアプリ」で操作を行います。

Chromebookでデジカメの写真を取り込む・保存する

デジカメで撮影したデータは、基本的にはSDカードに保存されているので、SDカードをChromebookに接続して写真の取り込み・保存をします。

SDカードスロット搭載Chromebookであれば、SDカードを差し込むだけで「ファイルアプリ」にマウントされます。PixelbookのようにSDカードスロットがない場合は、市販のSDカードリーダーを接続すれば、大手メーカーのリーダーであれば、自動でSDカードをマウントしてくれます。

デジカメの画像は大抵「DCIM」というフォルダに入っています。

ChromebookでデジカメのSDカードを読み込んだところ

Chromebookには、iPhoneとMacのように「接続するだけで自動で取り込み」する機能がないため、ファイルアプリでコピーしたいファイルをChromebookの「マイファイル > ダウンロード」などに保存します。

Androidスマホの写真を取り込む・保存する

Androidスマホの写真を取り込む場合は、AndroidスマホとUSBケーブルでChromebookと接続するだけで、内蔵ストレージやスマホ内のSDカードが自動で「ファイルアプリ」にマウント可能です。

ChromebookでAndroidスマホの内蔵ストレージをマウントしたところ

このとき大事なのは、Androidスマホ側で「USB接続の種類」を「ファイルの転送」にすることです。

Chromebookに接続したらAndroidスマホのUSB接続を「ファイル転送」にする

SDカードと同様、自動で取り込みされないため、ファイルアプリでコピーしたいファイルをChromebookの「マイファイル > ダウンロード」などに保存します。

iPhoneなどiOSデバイスの写真を取り込む・保存する

iPhoneなどiOS端末については、ChromebookでiOSデバイス内のファイルにアクセスしたり、マウントする方法がありません。

iOSデバイスを利用しているのであれば、一手間かかりますが、Google DriveやGoogle Photoなどを経由して一旦写真ファイルをクラウドにアップロードしてからChromebookでダウンロードする方法がベストです。

Chromebookで写真の管理をする

Chromebookは、内蔵ストレージにある写真ファイルを自動で認識して、ファイルアプリの「画像」というアイコンからアクセスできるようになっていますが、この画像アイコンで認識される精度はあまり高くなく、写真の管理としても機能が少ないため、Chromebookで写真を管理するなら、Androidアプリを使うのがベストです。

GoogleのサービスでもあるGoogle PhotoのAndroidアプリならば、Chromebookのダウンロードフォルダだけでなく、SDカードのフォルダの写真まで管理して、無料でクラウドバックアップまでしてくれるので、非常に便利です。

価格
¥0
定価
¥0

公式サイトGoogle Playストア

  • 自動圧縮で容量・枚数無制限
  • ブラウザからもアプリのように使える
  • iOS、Androidにも公式アプリがある
開発元 Google Inc
アプリタイプ iOSアプリ、Androidアプリ、Webアプリ

Googleフォトは「自動圧縮設定」にすれば、画像や動画を保存容量・枚数無制限で使えるのも大きなポイントです。

ちなみに、ChromebookからGoogle Photoアプリに画像を追加する際は、

ファイルを選択して、マルチタッチクリックで「その他の操作」を開く
「フォトにアップロード」をクリック

とすると便利です。

Chromebookで写真の編集・現像をする

Chromebookにはデフォルトで簡易画像編集機能があります。

  • 自動補正
  • 画像の切り取り
  • 画像の回転
  • 明るさ・コントラストの調整

ができるので、簡易な編集であれば、Chromebookデフォルト機能でも十分使えます。さらに踏み込んで写真の編集がしたいAndroidアプリを使うのがベストです。

なお、ChromebookはRAWファイルをそのまま表示することができるので、RAWファイルのプレビューは可能です。そこから現像する機能はないので、ChromebookでRAWファイルを現像する場合は、AndroidアプリのAdobe Lightroomなどを使いましょう。

Androidアプリ版のAdobe Lightroomは、補正なしのRAW現像(JPG書き出し)なら無料プランでも使えます。

Chromebookで写真の取り込み・管理をする際のポイント

内蔵ストレージの容量に気をつけよう

Chromebookは内蔵ストレージの容量が大きくないので、写真データを次々と保存していくとすぐにストレージ容量がいっぱいになってしまいます。

ただ、Chromebookをメインにする場合は、Chromebookを写真のバックアップ母艦として使いたいと思いますので、その場合は、SDカードやUSBメモリに保存するようにしましょう。

Samsung Fit Plus 128GB MUF-128AB/EC

価格
¥3,313
定価
¥-

Amazon

  • 小型でPCにつけっぱなしでも邪魔にならない
  • 読出し最大300MB/s
  • 安心の5年保証
メーカー Samsung
メモリ容量 128GB
リード速度 最大300MB/s
メーカー保証 5年

クラウドに保存するときは「うっかり削除」に気をつけよう

ChromebookはGoogle Driveなどのクラウドサービスと親和性が高いため、写真ファイルをクラウドに保存する方も多いかと思います。

この時、写真ファイルを間違って削除してしまう「うっかりミス」に気をつけましょう。

クラウドのデータは一度削除すると復元できないケースが多いです。その点、Chromebookでの利用を前提としているGoogle Driveは一旦ゴミ箱に入るため、安心です。

出来れば、クラウドに保存したデータをマスターにするのではなく、SDカードや外付けHDDなどに物理的なバックアップをするようにしましょう。


Chromebookで写真や画像の管理する方法を見てきました。

iOSデバイスとmacOSのような「なんでもお任せ写真管理」とはいきませんが、Chromebookでも十分に写真の保存や取り込み、管理ができます。

使い方・コツの記事

たった15分でグッと便利になる!Chromebookでやっておきたいオススメ設定

たった15分のちょっとした設定でChromebookがグッと便利になる、やっておきたいオススメ設定をまとめました。基本設定をベースにしているので、誰でも簡単にすぐに使うことができます。

たった15分でグッと便利になる!Chromebookでやっておきたいオススメ設定 の続きを読む

Chromebookで使えるオススメ・メールクライアントアプリ

かつてはWebでしかメールが使えなかったChromebookですが、現在はAndroidメールクライアントアプリやLinuxメールクライアントアプリが使えるようになって、選択肢が広くなりました。今回は、中でもオススメのメールクライアントアプリをご紹介。

Chromebookで使えるオススメ・メールクライアントアプリ の続きを読む

シリーズ・連載