カテゴリー: 使い方・コツ

ChromebookでWindowsソフトが使える「Windowsエミュレータ」まとめ

Chromebookを使っていると「どうしても使いたいWindowsソフトがある」という状況に遭遇します。今回は、ChromebookでWindowsソフトが使える「Windowsエミュレータ」ついてまとめました。

Windowsエミュレータとは?

まずはWindowsエミュレータについておさらいしましょう。

コンピュータにおけるエミュレータとは、「コンピュータのOS上で、別のOS(もしくは別のOS用のソフトウェア)を稼働させるためのソフトウェア」のことを指します。仮想マシンソフトとも呼ばれます。

Ubuntu上で別のOSであるLinux Mint仮想マシン(右)を稼働している様子

Windowsエミュレータで有名なのは、

  • Virtualbox
  • VMware
  • Parallels Desktop

の3つです。

それぞれ、ホストOS(エミュレータを起動させるOS)としてはWindows版、macOS、Linux(一部)に対応しています。エミュレートできるOS(ゲストOS)は、仮想マシンソフトによって異なりますが、Windows、macOS、Linux、Chromium OSなど多くのOSが起動可能です。

余談ですが、仮想マシンでmacOSを利用する場合は、AppleのmacOSライセンス上、macOS上の仮想マシンソフトでのみ利用できるものとされています。

Windowsについては、Windowsの正規ライセンスを持っていれば、物理マシン、仮想マシンの制限はありません。ただし、メーカー製PCに付与されたWindowsライセンス(バンドルライセンス)を、仮想マシンに使いまわすことは、ライセンス上できません。

Chromebookで使えるWindowsエミュレータ

Wine (Linux版)

2020年9月現在、Chromebookで使えるWindowsエミュレータは、LinuxアプリであるWineがファーストチョイスと言っても過言ではありません。

Wine公式サイト

Wineは、Virtualboxなどの「OS自体を立ち上げる仮想PC」とは異なり、互換レイヤーと呼ばれる方法で、「WindowsではないOSでWindowsソフトウェアを起動させる」エミュレータです。

WineはChromebookのLinux環境であるcrostiniでも利用できます。

ただし、Wineは対応しているアプリケーションが少ない・古いことが多いため、全てのWindowsソフトウェアを利用できるエミュレータではないので、「ChromebookでもWindowsソフトが使える」とは言い切れません。

ゲストOS上でほぼ全てのWindowsソフトウェアが利用できるVirtualboxとは違って、残念ながら「完璧なWindowsエミュレータ」とは言えません。

Parallels Desktop for Chromebook Enterprise

Parallels Desktop for Chromebook Enterprise

Wineとは異なり、Chromebook上で仮想PCを立ち上げられるのが「Parallels Desktop for Chromebook Enterprise」です。

Parallels Desktop for Chromebook Enterprise

「Parallels Desktop for Chromebook Enterprise」は仮想PCなので、基本的には全てのWindowsソフトウェアが利用可能です。

ただし、名称にある通り、利用するにはChromebook Enterpriseの利用が必須となるため、個人用途では利用できません。

Virtualboxは利用できない

Chrome OS版のVirtualboxは存在しないため、ChromebookでVirtualboxを利用する場合、Linux環境にインストールすることになります。

しかし、ChromebookのLinux環境(crositini)自体が仮想マシンなので、ChromebookのLinux環境にVirtualboxをインストールすることはできても、仮想マシンを起動することができません。

ソフトウェア エミュレート方法 対応Windowsソフト
Wine 互換レイヤー 一部
Parallels Desktop for Chromebook Enterprise 仮想マシン ほぼ全て
Virtualbox (利用不可) 仮想マシン ほぼ全て

Windowsエミュレータが使えないなら、リモートデスクトップも検討しよう

Chromebookは、macOSやLinuxと違って、Windowsエミュレータ環境が整っているとは言えない状況なため、どうしてもWindowsソフトウェアが必要なのであれば、リモートデスクトップで、Chromebookから物理Windowsマシンへアクセスするのも手です。

最近では、型落ちのWindows PCが2、3万円で購入できるようになってきているので、自宅やオフィスのデスクにWindowsマシンを置きっ放し・起動しっぱなしにして、Chromebookから操作するというのも現実的な選択肢と言えます。

使い方・コツの記事

たった15分でグッと便利になる!Chromebookでやっておきたいオススメ設定

たった15分のちょっとした設定でChromebookがグッと便利になる、やっておきたいオススメ設定をまとめました。基本設定をベースにしているので、誰でも簡単にすぐに使うことができます。

たった15分でグッと便利になる!Chromebookでやっておきたいオススメ設定 の続きを読む

Chromebookで使えるオススメ・メールクライアントアプリ

かつてはWebでしかメールが使えなかったChromebookですが、現在はAndroidメールクライアントアプリやLinuxメールクライアントアプリが使えるようになって、選択肢が広くなりました。今回は、中でもオススメのメールクライアントアプリをご紹介。

Chromebookで使えるオススメ・メールクライアントアプリ の続きを読む