カテゴリー: 使い方・コツ

Chromebookをモバイルバッテリーで充電する

Chromebookをモバイルバッテリーで充電する方法をまとめました。Chromebookを充電できるモバイルバッテリーの選び方や充電できない時にチェックするポイントもピックアップしています。

モバイルバッテリーを購入する前に

Chromebookをモバイルバッテリーで充電するには、

  • Chromebook本体の充電ポートがUSB type Cもしくはmicro USBである
  • モバイルバッテリーがChromebookを充電するための出力に対応している

という2点が重要になります。

Chromebook側の充電ポートは必ずチェックしよう

USB type Cで充電するGoogle Pixelbook

2018年以降、ほとんどのChromebookはUSB type Cで充電するタイプになっていますが、それ以前のChromebookや2018年以降のChromebookでもタブレットタイプのものにはUSB type C接続ではないChromebookが存在します。USB type Cもしくはmicro USBで充電するタイプではないChromebookでは、モバイルバッテリーで充電ができないので注意しましょう。

Chromebookで使うモバイルバッテリーの選び方

基本的にはUSB type Cポートがあって「Chromebook(もしくはPixelbook)対応」と書いてあれば、対応していることがほとんどです。ただし、本当は対応していない(もしくは対応しているを確認していない)のに「Chromebook対応」と書く業者もいるので、商品レビューなどで実際使用した方の声もチェックしましょう。

充電規格などに理解のある方は、

  • USB Power Delivery(PD)に対応しているか
  • 最大出力が15W以上あるか

という点をチェックしましょう。

ただし、USB Power Delivery対応と言っても、「USB Power Delivery = Chromebookに対応している」とは必ずしも限らないので注意しましょう。USB Power Deliveryは、15W出力のものからフルサイズノートPCを充電できる60W以上出力のものまで種類は様々です。

特にフリマや一部のネット通販では中華製の劣悪なバッテリーも出回っているので、安いモバイルバッテリーを買うのであれば出力規格のチェックは必須です。

Chromebookをモバイルバッテリーで充電する方法

基本的にはUSB type Cケーブル(両側がUSB type Cのもの)でChromebookとモバイルバッテリーをつなぐだけで充電されます。

ただ、Chromebook側のUSB type Cポートは「接続したUSB機器を充電する機能」も有しているため、USB type Cで充電できるモバイルバッテリーを接続すると、「Chromebookがモバイルバッテリーを充電してしまう」ことがあります。その際は、充電・放電を切り替えればOKです。

USB type Cの充電・放電の切り替え

USB type Cで充電できるモバイルバッテリーをChromebookのUSB type Cポートに接続した場合、Chromebookはデフォルトで「モバイルバッテリーを充電する」ステータスになるはずです。

Chromebookがモバイルバッテリーに給電しているケース

上記の画像はChromebookのUSB type Cポートが給電モードになっている状態でモバイルバッテリーをつないだ時の電源設定画面(設定 > デバイス > 電源)です。

電源の項目がバッテリー(Chromebookの内部バッテリー)となっていて、USB type Cで接続したモバイルバッテリーから充電していないことがわかります。実際に、右下のメニューのバッテリーアイコンも充電になっていません。

電源の項目がプルダウンになっている時は、USB type Cからの充電を選択できるので、「USB-Cデバイス」を選びます。

モバイルバッテリーがChromebookを充電しているケース

バッテリーアイコンが充電に変わりました。しっかりとモバイルバッテリーでChromebookが充電ができています。

モバイルバッテリーでChromebookが充電できなかったら?

もし、モバイルバッテリーとChromebookをつないでも充電が開始されなかったら、下記の項目をチェックしてみてください。

チェック項目 デバイス 詳細
充電ポート Chromebook USB type C もしくは micro USBに接続しているか(type Aでは充電不可)
設定項目 Chromebook 設定 > デバイス > 電源で電源が「USB-Cデバイス」になっているか
出力ポート モバイルバッテリ USB type Cが好ましい(type Aでも充電できることもある)
出力規格 モバイルバッテリ USB Power Delivery(PD)に対応しているか
出力規格 モバイルバッテリ 接続しているポートは15W以上の出力があるか

Chromebookでモバイルバッテリーを充電出来ないケースは、非対応のモバイルバッテリーを使っているか、Chromebookのtype Cポートが放電モードになっていることが多いと思うので、まずはそこをチェックしましょう。

この商品でテストしました

今回は、筆者の所有している「RAVPower モバイルバッテリー RP-PB058」でChromebookの充電をテストしました。問題なく充電できています。

26800mAhと大容量のバッテリーで、スマートフォンやタブレットだけでなく、Chromebook、Macbookなども充電できるので非常に重宝しています。

RAVPower モバイルバッテリー RP-PB058

使い方・コツの記事

【デュアル・トリプル】Chromebook + 外付けモニタでマルチディスプレイを環境を構築する

Chromebookと外付けモニタを組み合わせて、デュアル、トリプルなどのマルチディスプレイを環境を構築する方法と構築する際の注意ポイントをまとめました。

【デュアル・トリプル】Chromebook + 外付けモニタでマルチディスプレイを環境を構築する の続きを読む