カテゴリー: 使い方・コツ

Chromebookでキーマップやショートカットをカスタマイズする方法

Chromebookをもっと使いやすくしようと思うと、キーマップやショートカットをカスタマイズしたくなります。今回はChromebookでキーマップやショートカットを変更する方法をまとめました。

Chromebookは、デフォルトではOSレベルのキーマップが細かく変更ができない

Chromebookでもキーマップの変更は可能は可能です。

設定画面から「デバイス -> キーボード」と進めば設定がでてきますが、設定可能なのは、

  • 検索
  • Ctrl
  • Alt
  • Esc
  • Backspace
  • Capslock

のキー入れ替えくらいで、細かい設定はできません。ショートカットについてはカスタマイズができません。

Chrome OSのキーマップ変更画面

MacやWindowsだと、OSの設定やフリーウェアを利用してキーマップやショートカットを自由に変更できますが、Chrome OSの場合変更できる箇所がかなり少なく、MacやWindowsから移住すると不慣れに感じるかもしれません。

テキスト系のショートカット変更ならAtomのキーマップを使うと便利

Linuxアプリであれば、アプリ自体がキーマップ設定を持っていることがあります。例えば、Linux向けのテキストエディタ「Atom」は、アプリ内でキーマップを自由に設定できます。

Atom

crostini Linuxがインストール可能なChromebookであれば、簡単にAtomエディタがインストールできます。

Atomでは、「ctrl + ,」で設定画面を開いて、keybind > keybind.csonで設定が追記できます。

例:ctrl + カーソルキー移動

Linux Atomエディタで、文章移動のショートカットをMac風にするなら、下記のように設定すればOKです。

'atom-text-editor':
  'ctrl-down': 'core:move-to-bottom'
  'ctrl-up': 'core:move-to-top'
  'ctrl-right': 'editor:move-to-end-of-screen-line'
  'ctrl-left': 'editor:move-to-first-character-of-line'
  'ctrl-shift-left': 'editor:select-to-first-character-of-line'
  'ctrl-shift-right': 'editor:select-to-end-of-line'
  'ctrl-shift-down': 'core:select-to-bottom'
  'ctrl-shift-up': 'core:select-to-top'

ほぼ完璧に、Macのカーソル移動ショートカットを再現できます。

Chrome拡張で自作キーボードレイアウトを作成可能

Chrome OSの中でも自分好みのキーマップやショートカットを使い場合は、自分でChrome拡張機能を作成することでカスタマイズができます。サンプルコードがGoogle公式のGithubレポジトリに公開されています。

google / extra-keyboards-for-chrome-os

流れとしては、

  • Googleのコード自分好みの設定をしたChrome拡張を作成する
  • ブラウザでchrome://extensionsに移動して「パッケージ化されていない拡張機能を読み込む」で自作拡張を登録する
  • 一旦ログアウト
  • 「chrome://settings/languages」で言語に自分の拡張機能を追加

という感じです。

このやり方なら、

  • ChromebookでVIMキーバインド
  • ChromebookでEmacsキーバインド

も実現可能です。

ただし、Chrome拡張機能(主にJavascript)の知識が必要なので、誰でも使える方法ではありません。OS設定を汚すことなく、自分好みのキーレイアウトを作れるので、知識がある方はオススメです。

フリーウェア + デベロッパーモードならOSレベルで書き換え可能

先程はChrome OSに自分好みの入力方法を追加する方法でしたが、デベロッパーモードでフリーウェアを入れればOSレベルでの書き換えが可能です。

ento / chromeos-key-remapper

ただ、Chrome OSのデベロッパーモードは、

  • OS確認機能が停止する(セキュリティが低下する)
  • 通所モード <-> デベロッパーモードの切り替えの時にデータが初期化される
  • Chromebookの起動時に毎回ダイアログが出る

というデメリットもあるのでなるべく使いたくないモードです。

デベロッパーモードでのキーマップ変更をする際は、自己責任で行いましょう。


Chromebookでキーマップやショートカットをカスタマイズする方法を見てきました。

そもそもChromebookはWindowsやMacに近いショートカットになっているので、詳細にショートカットやキーマップを変更する必要もないかもしれませんが、慣れているショートカットを使いたいときなどに参考にしてみてください。

使い方・コツの記事

【デュアル・トリプル】Chromebook + 外付けモニタでマルチディスプレイを環境を構築する

Chromebookと外付けモニタを組み合わせて、デュアル、トリプルなどのマルチディスプレイを環境を構築する方法と構築する際の注意ポイントをまとめました。

【デュアル・トリプル】Chromebook + 外付けモニタでマルチディスプレイを環境を構築する の続きを読む